レポート2012-12-23 15:04

大泉洋が聖夜のストーカー行為(?)を告白

印刷する
フォントサイズ:

『グッモーエビアン!』大ヒット舞台挨拶(左から、山本透監督&三吉彩花&大泉洋)

    フォトギャラリー

  • 『グッモーエビアン!』大ヒット舞台挨拶(左から、大泉洋&三吉彩花)
  • 『グッモーエビアン!』大ヒット舞台挨拶(大泉洋)
  • 『グッモーエビアン!』大ヒット舞台挨拶(大泉洋)
  • 『グッモーエビアン!』大ヒット舞台挨拶(三吉彩花)

映画『グッモーエビアン!』の大ヒットスタートへの感謝を込めて、主演の大泉洋、三吉彩花、山本透監督が12月22日(土)の夜、都内劇場で行われた舞台挨拶に出席した。

ユニーク過ぎる母親・アキと彼女とかつてバンドを組んでいた自由人のヤグという2人に囲まれながらしっかり者に育った15歳のハツキが進路や家族の在り方に悩みながらも、成長していくさまをユーモラスに描く。

大歓声の中、観客とハイタッチを交わしながら壇上に上がった大泉さん。あまりの客席の反応の良さに「飲んでるやつもいるんじゃ?」と心配そうに尋ねると案の定、一部の観客が挙手で飲酒を申告。アットホームを通り越して飲み屋のようなワイワイとした雰囲気のまま舞台挨拶は進み、大泉さん、三吉さんは時間や段取りを無視して漫才のようなやり取りを繰り広げた。

この日の客席には、すでに複数回映画を鑑賞している観客も多く見られたが、大泉さんはそんな熱烈なファンに対し「この回のチケットはすぐに売り切れたそうで、来られなかった人もいるようなので、できれば譲ってあげてほしかった」と暴言。すかさず三吉さんから「せっかく見に来てくれたのに!」と叱られるも、「みんなオレの悪態をほしがってるんだから大丈夫! 毒舌セラピーだから」と全く意に介さず。そんな大泉さんの言葉通り(?)、毒舌をまき散らすたびに客席からは歓声が上がった。

話題がクリスマスのことになると、大泉さんは浪人中に親友と一緒に学生時代、マドンナ的存在だった女の子の家の前を訪れたことを告白。「そのコが寝るまで家の前にいて、部屋の電気が消えた瞬間、『寝たね』と言って帰った」と明かしたが、すでに時効(?)とはいえこの限りなくストーカーに近い行為に三吉さんも観客もドン引きしていた。

その三吉さんは「家族と一緒にイルミネーションを見に行く予定」と明かしたが、大泉さんは「バカな彼氏とかいないのか? 半そで着て『寒い』と言ってるようなバカな彼氏は?」とネチネチと質問。三吉さんは「いまは彼氏作りたいって気持ちがあまりなんです。充実してるので」とサラリと返したが、大泉さんは「そう言ってて写真週刊誌とかにスッパ抜かれたら殴るぞ」と悪態まじりに心配する素振り(?)を見せていた。

山本監督は映画のヒット、そして鑑賞後の観客の満足度・評価に感激の面持ち。同じ映画監督の先輩たちからの評判も上々のようで「三吉さんについての問い合わせもいっぱいありました」と嬉しそうに明かした。

大泉さんは「2回目、3回目と違う結末を用意してます!」と最後までノリノリで語り、ライヴイベントのような熱狂の中で舞台挨拶は幕を閉じた。

『グッモーエビアン!』はテアトル新宿ほかにて公開中。

cinemacafe.netのトップページへ戻る

[Related Stories]このニュースの関連記事

twitter

この記事についてtwitterでつぶやこう!

Twitter
ニュースをRSSで受信

このニュースの更新情報をRSSでお送りしています。

[RSSとは?]

関連ニュースをメールで受信

今後この作品に関連するニュースがシネマカフェに掲載されたとき、メールでお知らせをお送りします。

登録

[PICK UP!]おすすめ情報

気になるワード[PR]