レポート2012-12-22 18:47

椿鬼奴、堺雅人との濡れ場で目覚めた? 女優業へのシフトを画策!

印刷する
フォントサイズ:

『大奥 〜永遠〜[右衛門佐・綱吉篇]』初日舞台挨拶

    フォトギャラリー

  • 『大奥 〜永遠〜[右衛門佐・綱吉篇]』初日舞台挨拶
  • 『大奥 〜永遠〜[右衛門佐・綱吉篇]』初日舞台挨拶(堺雅人)
  • 『大奥 〜永遠〜[右衛門佐・綱吉篇]』初日舞台挨拶(菅野美穂)
  • 『大奥 〜永遠〜[右衛門佐・綱吉篇]』初日舞台挨拶(菅野美穂)
  • 『大奥 〜永遠〜[右衛門佐・綱吉篇]』初日舞台挨拶(尾野真千子)
  • 『大奥 〜永遠〜[右衛門佐・綱吉篇]』初日舞台挨拶(宮藤官九郎)
  • 『大奥 〜永遠〜[右衛門佐・綱吉篇]』初日舞台挨拶(西田敏行)
  • 『大奥 〜永遠〜[右衛門佐・綱吉篇]』初日舞台挨拶(柄本佑)
  • 『大奥 〜永遠〜[右衛門佐・綱吉篇]』初日舞台挨拶(椿鬼奴)

映画『大奥 〜永遠〜[右衛門佐・綱吉篇]』が12月22日(土)に公開を迎え、都内劇場にて主演の堺雅人&菅野美穂を始め、尾野真千子、柄本佑、要潤、椿鬼奴、宮藤官九郎、西田敏行、金子文紀監督による舞台挨拶が行われた。

よしながふみ原作の人気漫画を原作に、男女の役割が逆転した江戸時代を舞台にした歴史活劇で2010年の映画『大奥』、先日最終回を迎えたドラマ「大奥〜誕生〜[有功・家光篇]」に続く本作。なかなか子宝に恵まれぬ女将軍・綱吉と野心を胸に公家の身から大奥取締役まで上り詰めた右衛門佐の交わることのない愛の軌跡を描く。

堺さんは初共演となった菅野さんの印象を聞かれ「懐の深い女優さんだと思ってましたが、思ってた以上に深くて得体のしれない人だとやっているときは思いました。全部、菅野さんの役作りだったんですが」と明かす。一方の菅野さんは、堺さんを「ニコニコと穏やかな草食系の方だと思ってましたが、マイペースな“植物系”男子でした」と分析。草食ではなく植物という言葉に堺さんが「格下げですか? エサだよね…?」と首をかしげると、すかさず西田さんが「クレソン系だね」と茶々を入れ会場は笑いに包まれた。

堺さんはまた、宮藤さんについて「(役者を)やりながら裏で長い歌舞伎の台本を書かれていてすごいなと思いました」と感服した様子。綱吉の正室役ということで、宮藤さんもきらびやかな着物姿での出演となったが「あの衣裳のままパソコンで書いてたんでいつの時代の人なのか、ちょっとしたSFですね」とシュールな撮影の裏側の様子を明かした。

鬼奴さんは江戸へ来る前の右衛門佐が金のために体を売る冒頭のシーンで、相手役として出演しており当然、堺さんとの濡れ場もアリ! 「映画を自分で観たら笑うしかなかったです。恥ずかしかったですが、女優としての正念場と思って頑張りました!」と「女優」という言葉を連発しながら述懐。堺さんについて「これまで共演したのはオアシズや森三中だったので、初めてステキな人と…。ステキだろうと思ってましたがその上を行くステキでした」と鼻息荒く語った。これを機に女優としての本格的な活動を画策しているようで、「高いとこから飛び降りるのよりも女優としての活動を…」と訴え笑いを誘っていた。

西田さんは客席からの「西やーん」という歓声に「ありがとう」と嬉しそう。対峙した堺さんについて尋ねると「ジュード・ロウだなと思いました。僕は(ロバート・)デ・ニーロの気持ちでいたんですが(笑)」とユーモアたっぷりに称賛を送る。話が来年の抱負に及ぶと「もう齢65で膝がガクガクですが、そういう状態なのにオファーがいっぱい来てるんですよ」とニンマリ。そして最後は「福島出身ですので、東日本大震災からの復興に微力ながら尽くしたい」と語るなど、まさに硬軟を巧みに取り入れた舞台挨拶で客席を沸かせていた。

『大奥 〜永遠〜[右衛門佐・綱吉篇]』は全国にて公開中。

cinemacafe.netのトップページへ戻る

[Related Stories]このニュースの関連記事

twitter

この記事についてtwitterでつぶやこう!

Twitter
ニュースをRSSで受信

このニュースの更新情報をRSSでお送りしています。

[RSSとは?]

関連ニュースをメールで受信

今後この作品に関連するニュースがシネマカフェに掲載されたとき、メールでお知らせをお送りします。

登録

[PICK UP!]おすすめ情報

気になるワード[PR]